MENU

格安SIMとはなんなのか

SIMカードとは、スマートフォン・タブレット・フィーチャーフォン・モバイルWi−Fiルーターなどに入っているICカードです。
3G・LTEなどのモバイル回線を使い通話やインターネットをするには、このSIMカードが必要となります。
docomo・au・SoftBankといった携帯キャリアのスマートフォンにも、このSIMカードが入っています。
格安SIMとは、そのSIMカードを使った格安通話およびインターネットサービスです。
OCNなどのプロバイダとして有名な企業がdocomoやauから回線を借り、SIMカードを使った通話やインターネットサービスを提供しています。これらの企業が提供しているサービスは、携帯キャリアのものより安く通話やインターネットが利用できるので、格安SIMと呼ばれています。
格安SIMには2種類のSIMがあります。
通話とインターネットの両方が可能な音声通話SIM、インターネットのみ使用可能であるデータ専用SIMです。

 

スマートフォンで通話とインターネットの両方の機能を使いたい場合は音声通話SIMを選びましょう。
090や080から始まる音声通話が利用でき、MNPにも対応しているものが多いので現在使用している電話番号をそのまま引き継いで使える場合もあります。
スマートフォンでもインターネットしか行わない場合やタブレット・モバイルWi−Fiルーターなどのインターネット利用のみの場合はデータ専用SIMを選びましょう。

 

格安SIMのメリットは通信費用が大幅に安くなること、ほとんどの音声通話SIMがMNPに対応していること、docomoやauの回線を使いサービスを提供しているのでつながりやすさやエリアが携帯キャリアと同じこと、携帯キャリアのように2年縛りや契約の自動更新がないといったものが挙げられます。

 

デメリットは通話かけ放題などのプランがないので通話メインでの使用だと通話料が高くなること、携帯キャリアのメールアドレスが利用できなくなること、実店舗を運営している事業者が少ないためサポートが電話・メールになってしまうこと、現在使用している端末をそのまま利用する場合は携帯キャリアからの保証が受けられなくなることです。