MENU

格安SIMの魅力とデメリットの説明

スマートフォンユーザーの通信サービス料金の節約手段として人気を集めているのが格安SIMです。
一般的な大手通信キャリの通信網を利用したインターネット接続サービスは、パケット定額にして利用すると、月々5,000円?8,000円ほどかかる事が多いですが、格安SIMを利用すれば通信代金だけなら500円?1,000円前後にすることが出来ます
物凄く安い金額で利用できるの格安と名前がついており、SIMカードを普段使っているものと交換をするだけで使えるというのがその特徴です。
また、種類によって通信だけ格安で使えるものや、通話サービスが付いているものなど種類があります。
通話料金よりもインターネットの接続料金が高くなっている方は前者を、両方共高額でその代金を減らしたいなら後者のサービスを利用すると支払い代金を安く抑えることが出来ます。

 

それらは「データ専用SIM」や「音声通話SIM」と呼ばれることもあります。
タブレット端末などは音声通話が不要な機種も多いので、タブレットユーザーは「データ専用SIM」など使い分けることになります。
ちなみに、格安SIMを利用する際には注意点もありますので、その点を理解した上で利用することが大切です。
例えば携帯電話キャリアの割引サービスが受けられないことがあります。
全く別の会社のSIMカードを利用することになるので、家族間で通話料が無料になるサービスや、家族で利用することで基本料金が安くなると言ったサービスが適用されなくなります。

 

その他には、携帯キャリアが提供しているメールアドレスが使えなくなったり、端末によっては使っているスマホでテザリングが使えなくなるというケースもあります。利用する際にはそれらのデメリットを加味した上で、料金を見て比較を行い使っていくようにしましょう。ただ、大抵は格安simにしたほうが携帯電話料金やスマートフォン料金が安くなるケースが多いです。