MENU

格安SIMを販売する業者の仕組み

スマートフォンの毎月の料金を安く抑えられるとして格安SIMや格安スマホという言葉が目立ってくるようになりました。
これらのアイテムやサービスを提供する事業者のことを「MVNO」を呼びます。
大手キャリアとの大きな違いは、独自の通信設備や通信システムを持たず、大手キャリアなどの通信網を借りることで、ユーザーにサービスを提供できる点です。
その結果、設備などにコストをかける必要がないため、大手キャリアよりも安い料金で運営する事が可能になります。

 

このような事業者が生まれるまでは、通信事業にはネットワークの構築や通信設備、基地局などを自前で用意しなければならないため、多額の資金が必要でした。
そして金銭面だけではなく、電波を使うための許可を総務省から取ることが大変難しかったからです。
しかし、現存するネットワークや電波を使って、多様性と互換性のあるサービスを広げていく必要があるのではないかという考え方が生まれ、もっと新しい事業者が参入して新たな市場を広げていこうという流れにかわりました。

 

そもそも、SIMカードと格安SIMの違いは、大手キャリア以外のMVNO事業者が販売する通信アイテムというだけで、カードの価格以外にほぼ差がありません
ユーザーの使い方によりますが、大手キャリアでの契約時よりも月々の通信料金が半分以下になることもあります。

 

さらに大手キャリアとの違いは、契約プランの数が少なく分かりやすい点です。
主に、音声通話つきプランとデータ通信専用プランしかありません。
電話をよく使う場合には、音声通話つきプランが適しており、動画やゲーム、ウェブの閲覧などが主な用途の場合んはデータ通信プランがお勧めです。
また、動画やゲームなど通信量が多いという人には無制限プランを提供しているMVNOの提供するSIMカードの契約がお勧めです。
無制限プランを選んだとしても、大手キャリアよりも安くなるケースが多く、また契約プランの変更も簡単なにできます。